Finance Consulting
このエントリーをはてなブックマークに追加

安定した需要が理想

投資を行ってみて資産を運用してみませんか?マンション経営を行なうならこちらをチェック。多くの人が経営しています。

東京都心部では、安定的な賃貸需要が見込めます

マンション経営に関心のある個人が増えています。アベノミクスによる大胆な金融緩和、日銀の国債大量買入れによる長期金利の低下が背景にあるものと考えられています。また、2020年に東京で開催されるオリンピックの影響で、東京都心部を中心に今後地価の上昇が見込まれるという思惑もマンション投資家には働いているようです。マンション経営は、うまく実践することができれば将来にわたって安定的な賃料収益が見込まれますが、エリア選択を誤れば長期間空室に悩まされることになるでしょう。空室リスクを回避するには、やはり安定的な賃貸需要が見込める東京でマンション経営を行うのがベストといえます。もちろん、マンション経営の成否はエリアだけではありませんが、エリア選択がまず大切であることは間違いありません。

都心部でも、人口動態には注意をしましょう

東京でマンション経営を行うにしても、東京郊外でマンション経営を行うよりも、東京都心部で投資を行うほうが、空室リスクが小さくなります。東京都心部とは、千代田区、中央区、新宿区、港区、渋谷区、品川区の都心6区をいいます。これらのエリアは、日本におけるビジネスの中心街であり、多くの法人がこれらの場所に本社を定めていることが多いことから、それだけ労働人口も多いエリアということができます。つまり、それだけ多くの賃貸需要が見込まれるエリアといえるため、空室リスクを軽減できる可能性が高いということになります。あとは、自分が投資しようとするマンションの築年数や間取りに注意して、自分が求める投資利回りを計算して、マンション経営を実践するとよいでしょう。

こだわりの設計

土地活用方法には多くの方法があり、一般的な方法としてアパートが挙げられます。また、立地条件が良ければマンションも検討すると良いでしょう。なぜなら、アパートよりもマンションの方が魅力ある建物に出来るからです。

» 詳しくはこちら

様々な工夫が必要

駐車場を作るといってもさまざまな種類があります。そのため、駐車場の種類によって賃料の相場が決まってくるため重要なポイントになります。また工事費も大きく変わってくるため、それぞれの用途に応じて駐車場を作る必要があります。

» 詳しくはこちら

オススメリンク

  • マンション経営.東京

    利回りや売却のタイミングなどマンション経営に関するいろはを学べます。気軽に参加出来るセミナーだから人気ですよ。

気軽に土地活用

土地を有効活用する方法として、手軽に行える方法は駐車場経営です。限られた敷地面積であっても整備を行なう事で気軽に行なうことが可能となります。駐車場経営を行なう際には月極の場合と時間貸しの場合で利点が多い方を選びましょう。

詳しくはこちら