様々な工夫が必要

駐車スペースの注意点

車を止めるためのスペースは駐車場と呼ばれます。駐車場といってもその種類はさまざまで作るための工事費も大きくことなってきいます。一般には更地だけでも駐車場とすることができますが、雨の日などは泥濘み車を保管しておくには不適切です。そのため砂利を敷いたり舗装をしたりする場合があります。 砂利を敷くメリットは、泥濘みを防止することができることと砂利を入れるだけなので工事費用もそれほど掛からない点です。一方で舗装でもブロック舗装、コンクリート舗装、アスファルト舗装などがあります。またカーポートなどで屋根を作ったり四方を囲ったガレージなどがあります。 駐車場を作る際の注意点としては、停車する車が十分にスペースを確保することで、また出し入れに不自由しないように工夫する必要があります。

種類と掛かる費用

駐車場を作るさいにもっとも工事費が安いのが更地や砂利を敷いたりすることですが、駐車場としての商品価値が少ないため賃料も低めになります。そのため賃貸として利用する場合には最低限、舗装をする必要があります。恒久的に利用する場合にはコンクリート舗装がもっとも安価でまたメンテナンスも掛からないものですが、施工に掛かる時間が長いデメリットがあります。またコンクリート舗装をしてしまうと撤去する工事費用が多くなり、一時的に駐車場とする場合にはやや不向きです。一方でアスファルト舗装は狭い場所を舗装する場合には、コンクリート舗装よりも工事費が高くなりますが、1日または2日程度で舗装できるメリットがあり、また見た目にも良い印象を与えることができます。